アドラー心理学 スカイプカウンセリング 電話相談 心理カウンセリング 悩み相談 カウンセラー養成 は熊本こころ相談室へ

 

 
 
 
 
 

本郷の一言

「熊本こころ相談室」の本郷ひろなか先生が心理学に関する話題を随時更新します

ご遠慮なく お問い合わせ←クリック下さい。 096-384-3181

「熊本こころ相談室」にてチーフカウンセラーを務める本郷ひろなか先生は熊本市内各所で開催しているアドラー心理学や心理カウンセリングに関する講演やセミナーで講師を担当、アルフレッド・アドラーの孫弟子にあたるジョセフ・ペリグリーノ博士からは「私の大事な友人にして弟子であるヒロよ。」と呼ばれる程の絶大な信頼を寄せられているアドラー心理学者のひとりです。本ページでは機能不全家庭で過ごし心理的虐待を受け続けた過去から自ら立ち直った経験のある本郷ひろなか先生が、同じく様々な問題や悩みを抱え苦しんでいる方たちのための一言を綴っていきます。
アドラー心理学にご興味をお持ちの方や鬱 (うつ) 、パニック障害、不登校、引きこもり等で心理カウンセリングをご希望の方は「熊本こころ相談室」までお気軽にお問い合わせくださいませ。

2019年01月17日

うつの症状(動画あり)

(改稿・再掲です)
自分がうつじゃないかとお考えの方ご覧ください。

うつ症状があると苦しいですよね。私も、過去経験があるので、よく分かります。

うつは、ストレスが多すぎることによる「ストレス反応」です。病気ではありません。「うつ病」って呼びますけどね。

 

もしあなたが打つ症状になっていたら、今の生活でストレスが多すぎるのです。※だから、ストレスを減らす必要があります。

 

ストレスにさらされ過ぎたせいで、こころと体のエネルギーバランスが乱れてしまって、エネルギーが正常にまわらなくなって体もこころも弱っている状態です。

 

次のような症状が出たら、うつだと思ってください。まあ、本当は、一人一人違うのですが。

 

うつの症状

1、睡眠:寝つきが悪くなる。なぜか布団に入っても練れなくなってしまう。また、早朝覚醒といって2,3時間寝ただけで、夜中の1時とか2時に目が覚めて眠れない。日中も疲れているのに眠れない。逆に過度に眠りすぎる場合もある。

 

2、興味関心:何に対しても興味が持てない。何事も楽しめない。御社fれや身だしなみすら興味ない。新聞や週刊誌や本が読めない。テレビを見ることもできない。

 

3、力、気力:何をするにも力が出ない。筋肉に力が入らない。気力がわかない。疲れた感じがする。

 

4、気分:気分が落ち込む。ズーンと落ち込んで憂うつな気分。酷い場合は、絶望的な感じがする。

 

5、性欲:性欲が極端に低下する。そういうことに全く興味が持てない。また、逆に抑えられないで苦労する場合もある。

 

6、食欲:食欲がない。多くを食べられない。おいしくない。食べても砂のようで味がしない。逆に食べ過ぎる場合もある。

 

7、自己肯定感の低下:自分はなんてダメな人間なんだと思う。家族などに対して申し訳ないという罪悪感にさいなまれる。

 

8、希死念慮:いっそのこと死にたいと思う。生きていても意味がないと思う。または、自分を傷つけたくなる。または、逆に、無性に他者を傷つけたくなる。

 

9、動作遅延:他の人から見て、明らかに動作や話し方が遅くなる。(これは周囲の人に聞いてください。)また反対に、そわそわして落ち着きなく動き回る場合もある。

 

実際は、人は一人一人違うので、うつの症状も一人一人違います。

 

しかし、上にあげた9つの症状のうち4つ以上とかいくつかが当てはまり、そのことによって生活に困難さが出てきている場合は、カウンセラーに相談した方がいいでしょう。

 

とにかく、ストレスを減らす必要があります。

 

熊本こころ相談室では、心理相談の他にセラピー(TFHキネシオロジーなど)でこころと体のエネルギーバランスを取ります。

2019年01月16日

トラウマは人を成長させてくれる PTG心的外傷後成長(動画あり)


トラウマになるようなつらい体験は、人を挫折させるのではなくて、向かい合うことによって人を成長させてくれるのです(あくまで、最終的にはです。)。※アドラー心理学では「トラウマ心的外傷」と呼ばないのですが、一般常識に合わせて理解しやすいように「トラウマ」と表記しています。

 

実は、どんな体験を経ても人が成長できるということは、アルフレッド・アドラーの時代から言っていたのですが、最近では、一般の心理学でも、「PTG」(ポスト トラウマティック グロース=心的外傷後成長)という呼び方で、研究されてきました。

 

人がつらい体験の後で、様々な困難に直面しながらも、最終的に人格的に深みを増して成長することが出来るということは、アドラー心理学では元から常識だったんです。
「夜と霧」の著者ヴィクトール・フランクルは、アウシュビッツ収容所での凄絶な体験を経て「それでも、人生にYESと言う」と言いました。さらにはその後自分の心理学を進展させますが、彼は亡くなる2年前に心理学雑誌の記者の「あなたのやっている心理学は、アドラー心理学なんですか?フランクス心理学なんですか?」という質問に答えて、「私は、今でも、自分のやっている心理学はアドラー心理学だと信じている。」と答えています。

 

どのような体験をしても、それを建設的に生かすのは本人の力だと信じているのが、アドラー心理学なのです。

 

交通事故体験や戦争体験や犯罪体験のような強烈なつらい体験をした人が、最初は心身の異常やフラッシュバックのような体験の後遺症とも言えるような症状に悩まされていても、その後、その体験と前向きに向き合うことによって、逆に人格的に成長していくことが多数観察されて、それが、近年研究されて、「PTG」(心的外傷後成長)と呼ばれるようになって、周知されてきたのです。

 

PTSD心的外傷後ストレス症候群と呼ばれるような症状を示す人がたくさんいますが、それは、途中経過に過ぎないのです。

 

トラウマがあるんだから、どうしようもない。とか

 

直らない。とか

 

勘違いしないでください。

 

どんなつらい体験でも、必ず克服して、乗り越えることができます。どんなつらい体験でも、意味があるのです。

 

ただ、「誰だってトラウマなんて克服できるんだよ。」というような軽い、簡単な道ではありません。また、人によって違う道を通ります。傷つき、悲しく辛い道を、行ったり来たりして、未来に進んでいくのです。

 

あなただけが、あなたの心と体の主人なのです。

 

あなただけが、あなたの人生の、あなたの未来の主人なのです。

2019年01月12日

自分の思いを伝える勇気(動画あり)


自分の思いを伝えるのが困難な人がいます。

 

例えば、「イヤ!」と断れない人がいます。

 

誰かに要求されたことに対して 「NO!」「イヤです!」という意思表示をすることは、

 

自分らしくあるための 自分で自分の人生を自分で作っていくための

第一歩のことがあります。

 

「NO」と言わないのは、もめるのが避けたいのかもしれません。嫌われたくないのかもしれません。

 

もめても大丈夫になれとは言いません。嫌われても大丈夫になれとも言いません。そういうことは避けたい気性なのでしょうから。

 

「NO」の伝え方を工夫すればいいのです。もめないような言い方を工夫すればいいのです。嫌われにくいような言い方を工夫すればいいのです。

 

もちろんそれらの言い方を工夫しても、「いやです。」と伝えるのに、非常に抵抗感を感じるかもしれません。

 

しかし、「NO」と言えないことで、窮地に陥っているのであれば、断る勇気を振り起して(心理カウンセリングや心理セラピーの必要があるかも)、言い方を工夫してみて、言う練習をして、実際に「NO」と言ってみるのは、大事なことかもしれません。

 

3,4歳のころ、第一反抗期を迎えた幼児は、何にでも「いや!」って言います。

 

なぜかというと、子どもにとって「いやだ」と表明することは、自分が自分であるための 第一歩なのです。

 

自分自身の「嫌だ」と言う気持ちを、自分だけは分かってやりませんか?

 

2019年01月09日

正しさ争いは不毛(1/16改稿、動画あり)

(1/16改稿)

人と人が争うとき、お互いの意見が違うときに争うことが多いようです。

 

お互いに正しいと思っていることが違っているのです。

 

「これが正しくて、これが間違っている」とジャッジするのは、一つの価値観です。この価値観のめがねのことを「認知のめがね」と呼びます。

 

一つの「認知のめがね」の「善悪」判断にこだわるとよろしくないということを、アドラー心理学では経験則として知っています。

 

あらゆる人間関係は二者関係で、二者の価値観が違った時によく起こしてしまうのが、いさかいです。(まあ、われわれは価値観が違ってもいさかいませんが)

 

「これが正しい。」「いや、こっちが正しい。」とあまりにも主張し過ぎると、ケンカになります。そして、その善悪の争いの行きつくところが戦争です。

 

あらゆる戦争は、正義の戦いです。「鬼畜米英」だし「リメンバーパールハーバー」なのです。

 

つまり、「何が正しくて、何が間違っているか」という物差しは、争いのための物差し、戦いのための物差しなのです。

 

人間関係も、「何が正しくて、何が間違っているか」に、こだわりすぎると闘争的、競争的、支配的なたての人間関係になりやすいのです。

 

それよりも、みんなが仲良くしていくための「感覚」の方が大事だと思うのです。※これをアドラー心理学では「共同体感覚」と呼びます。

 

「私はこれが正しいと思うけど、相手は違うと言う。じゃあ、どうしたら仲良くやって行けるかな?」という感覚で、「どっちが正しいなんてどうでもいいや」という感覚て、考える、話し合う、協力し合うということを私たちは重要視するのです。

 

そうすると、何が正しいかなんてどうでもよくなって、「あれ、私は今、何がしたいのかな?」ということが重要になってきて、相手がしたいことと、自分のしたいことを両方実現するためにはどうすればいいんだろう?という方向性になっていくと思うのです。

 

私たちは あらゆる人と仲良く協力し合う人間関係を構築したいのです。

 

だから、単に意見を交換して、相手の意見が例え自分の意見と正反対でも、尊重して受け入れます。

 

もちろん、自分の意見も大事にします。

 

正しさ争いする必要性を感じていません。

 

そんなことより、仮に正反対の意見を持つ人間がいたとして、いかにして、お互い傷つけ合わないで、うまくやっていくかに、知恵とエネルギーを注ぎたいのです。

 

そして、自分の行動を決めるときも、「何が正しくて、何が間違っているか?」という」物差しはあまり使いません。

 

「私は何がしたいのかな?」という物差しを使い、「お互いに自分のしたいことをしたり、お互いに助け合うにはどうしたらいいのかな?」と考えて、行動していくのです。

2019年01月08日

今できること と 夢想と不満とあきらめと

多くの人が、「今自分にできること」をしないで、叶いもしないことを夢想したり、周囲に不満を持ったり、どうせだめだとあきらめたりします。

 

可能なことをしていけば、大きな目標も叶うかもしれないのに、

 

多くの人が、目の前の当たり前の可能なことをしようとしません。

やればできることが沢山あります。

 

その、やればできることを、コツコツと積み上げて、やり続ければ、大きな目標に近づいて、達成できるのに。

 

それなのに、多くの人は、自分にはなくて人にはあるものを羨み、自分の境遇を嘆き、できることをしようとせずに、

不可能な夢を見ます。

 

目の前の出来ることをやるしか、道はないのに。

 

自分が持ってないもののことは忘れて、自分の持っているものをどう使ってコツコツと行動していくかを考えた方が早いし、それしかないのです。

 

あなたの目の前に、今何がありますか?

 

あなたに今できることは何ですか?

 

それをしますか?しませんか?

 

出来るか出来ないかではないのです。できることを するか しないか なのです。

 

周辺地図
熊本こころ相談室 〒862-0950 熊本市水前寺6丁目10番44号水前寺ビル303号 電話 096-384-3181