アドラー心理学 スカイプカウンセリング 電話相談 心理カウンセリング 悩み相談 カウンセラー養成 は熊本こころ相談室へ

 

 
 
 
 
 

本郷の一言

「熊本こころ相談室」の本郷ひろなか先生が心理学に関する話題を随時更新します

ご遠慮なく お問い合わせ←クリック下さい。 096-384-3181

「熊本こころ相談室」にてチーフカウンセラーを務める本郷ひろなか先生は熊本市内各所で開催しているアドラー心理学や心理カウンセリングに関する講演やセミナーで講師を担当、アルフレッド・アドラーの孫弟子にあたるジョセフ・ペリグリーノ博士からは「私の大事な友人にして弟子であるヒロよ。」と呼ばれる程の絶大な信頼を寄せられているアドラー心理学者のひとりです。本ページでは機能不全家庭で過ごし心理的虐待を受け続けた過去から自ら立ち直った経験のある本郷ひろなか先生が、同じく様々な問題や悩みを抱え苦しんでいる方たちのための一言を綴っていきます。
アドラー心理学にご興味をお持ちの方や鬱 (うつ) 、パニック障害、不登校、引きこもり等で心理カウンセリングをご希望の方は「熊本こころ相談室」までお気軽にお問い合わせくださいませ。

2019年07月11日

薬が合う人もいる ※調べもしないで飲み続けるのは危険

精神薬(睡眠薬、精神安定剤、抗うつ剤、抗不安剤など)は、たいていは毒にしかならないのですが、たまには、一時的にその薬が合う人がいるようです。

 

その薬が、今、その人にとって「有益」なのか、「有害」なのか、「中立」なのかは、筋肉反射テストをすると分かります。

 

最近、精神薬を気印肉反射テストで調べて、「有益」と出た人が数人いました。その人にとって、今、その精神安定剤は必要だったのでしょう。もちろん、全部の薬が「有益」ではなく、ある方は三つの薬のうち一つだけが「有益」でした。後の二つは「有害」でした。

 

この結果も、ずっとではないので、2週間ごとには調べに来てほしいものです。

 

筋肉反射テストで調べないで、のんべんだらりと服用すると、大変な悪影響が残るかもしれません。なぜかと言うと、精神薬は脳神経そのものに影響を与え続けるからです。

 

やはり、精神薬の服用には慎重になってほしいものです。

 

その成分が、今、その人にとって「有益」か「有毒」か「中立」かわかる方法(「食物テスト」)は、それほど難しいやり方ではありません。

タッチフォーヘルスのレベル2で出てくる一つの方法です。

タッチフォーヘルスは、キネシオロジーの様々な技術の中から素人が出来るように編成されたものなので、レベル1とレベル2を受講するとできるようになります。

2019年02月01日

子どもの人生を操作しようとする親(動画あり)

子どもの人生を一生懸命操作しようとする親がいます。

 

例えば、自分の人生を後悔して、それを子どもの人生に介入することによって補償しようとする親がいます。

 

子どもの問題、特に子どもの人生に関わる問題にしつこく口をはさみ、自分の望むとおりに誘導しようとするのです。中には、子どもが言うことを聞かないといろいろな脅しや親の権限を使って操作しようとさえします。

 

私の親もそうでした。「うちの親は特別ひどいんだろう。」と思っていたのですが、けっこう同じような親は居ます。

 

自分の立てた人生計画を子どもに押し付けようとするのです。いろんなパターンがあります。

 

ある例です。本当は一個一個違うでしょう。ある人がいろんな事情で大学に進学できなかったとします。世の中にはどんな状況の悪い中でも勉学への夢を捨てずに、自分の希望する大学に進む人がいるのですが、彼は自分が被害者だと思い込みます。

 

こういう人はえてして大学に行って何か勉強したかったのではなく、他人を見てうらやましくて、大学卒というステータスがほしいだけかもしれません。自分の不幸感を「大学さえ出ていれば。」という思いでごまかすのです。

 

彼は、自分がなしえなかった夢を子どもに託そうとします。それで自分の過去が取り戻せた気になりたいのです。

 

夢と言っても自分はさほどその夢の実現のために努力してきたわけではないのですが、自分の子どもにはできるのではないかと夢を見るのです。

 

子どもの人生は子どものものなのですが、自分の思い通りの人生を歩ませたら子どもも幸せになるとごまかすのです。子どもにとってみれば、本当によけいなお世話です。他者を支配する共依存の一つです。

 

人間の幸せは、①自分のことが好きで、②他者を基本的に信頼出来て、③自分が誰かのために役立っていると感じて、初めて幸せになれるのですが、子どもの人生を親が操作すると、自分らしさが失われるので①自分のことを嫌いになります。だから、逆に幸せから遠ざかるのですが、

 

これも例ですが、子どもが小さいうちから、こんこんと言って聞かせます。「お父さんは、家が貧乏で高校までしか進学できなかったが、おまえは大学まで行くことが出来る。頑張って勉強するんだ。子どもは、親よりも偉くなるものだ。そのためにお父さんはどんなことでもしてやるんだから、おまえもそのことを忘れないで、○○家を繁栄させなきゃいかん。」とか言って、子どもを納得させ洗脳しようとするのです。

 

本当は子どもを道具に使って、自分の夢を達成したいだけなのですが、自分のこともだますために「○○家を繁栄させる」などの大義名分を持ってきて、もっともらしくするのです。

 

ここで、幸せという観点から見ると、「親より偉くなる」「貧乏→繁栄」という競争意識を植え込もうとしますから、もし子供が競争意識を持ってしまうと、他者はみんな競争相手=敵ということになって、他者を基本的に信頼できなくなります。つまり、また不幸せの方向に押し出すことになるのです。

 

誤解がないように言っておきますが、子どものために何かしてやりたいという親心を批判しているわけではありません。

 

しかし、本当の親心は子どもの要望をかなえてやるという流れで表現されるもので、子どもの人生を支配操作するのは親心でもなんでもない「欲」だと思うのです。

 

このような親の支配・操作で苦しんだ人は、今度は自分の力で自分自身を解放してあげる必要があります。

 

洗脳で思い込んだ数々の不適切な思い込みを捨て去り、自分らしさを回復し、人から期待されることをすることよりも自分がしたいことをしていく意欲、自分がしたくないことをしない勇気を持つ必要があります。

 

他者からの目を気にし過ぎる傾向を克服し、何でも比較して、比べる傾向を捨て去り、人と競争するのもやめます。

 

ありのままの自分をすてきだと思うようになり、他者と親密につながり、多くの人を助けていくことに喜びを感じるのです。

 

変えていくのは大変かもしれませんが、あきらめなければ、必ず実現出来ます。

 

ちなみに、親子関係に限らず、相手の課題にしつこく絡む「共依存関係」から解放されようとするとき、共依存に依存している相手は、これまで通りの関係を続けようと必死にしがみついてきます。

 

カウンセラーの援助のもとに「共依存関係」から逃れたほうがいいでしょう。

 

2019年01月31日

愛の反対は無関心(動画あり)

マザー・テレサの言葉です。
「愛の反対は憎しみではなく、無関心。」
「この世で最大の不幸は戦争や貧困などではない。寧ろそれによって見放され、“自分は誰からも必要とされていない”と感じる事。」

 

子どもが親に求めるのは注目です。何よりも無関心だけは怖くて怖くて、親から負の注目でもいいから欲しいのです。

 

小学4年生の女の子も、暴力をふるい暴言を吐く父親に対して、無関心よりも負の注目でも欲しくて「一緒に暮らしたい。」と言ったのでしょう。

 

注目が欲しい子どもは、親から注目をもらうために様々な作戦を行います。

 

ある子どもは親を喜ばせるために、親の期待に応える「良い子」を一生懸命に演じるでしょう。そして、その「良い子ちゃん作戦」は、その人の潜在意識の奥にプログラムとして組み込まれ、人生プログラムとして、大人になってからも働き続けます。

 

その人は、人の目を気にするでしょう。誰からも好かれるために行動するようになるかもしれません。「良い人」と思ってもらうためにどんなことでもするようになるかもしれません。「人に嫌われること」を極端に恐れるようになるかもしれません。

 

酷い人は、人の目が気になることがストレスになって、鬱になる人さえいます。人の目が気になってパニック障害を引き起こす人もいます。人の目が怖いと、部屋に引きこもってしまうかもしれません。

 

そこまで酷くなかったとしても、「良い子ちゃん作戦」はあまりお勧めではない作戦です。それは、人の目を気にすぎて、その人らしさが失われるからです。

 

だから、親は、「子どもに良い子ちゃん作戦をしなくてもいいよ。」と言葉や態度で伝えなければなりません。

 

そうしないと、子どもは、良い子ちゃん作戦を身につけて苦しい人生を送るかもしれないし、

 

「良い子ちゃん作戦」がうまくいかなかった子どもは、わざといたずらや不適切な行動をして親の注目をひく「注目作戦」に走るかもしれないし、

 

それもうまくいかないと感じると、親に喧嘩を吹っ掛けるようになったり(闘争作戦)します。闘争作戦にうつると、注目作戦の時に子どもがいたずらや不適切な行動に親が気付くと「えへへ!と笑ってそのいたずらや不適切な行動をやめるのに対して、闘争作戦の子どもは、気づかれてもやめずに親が腹を立てるまで不適切な行動をやり続けます。

 

闘争作戦の次は、復讐作戦です。復讐の対象となった人は、とても傷つきます。グサッと傷つくようなことをしてくるのです。子どもが復讐作戦の段階に来たら、親だけの力では関係を修復するのが困難です。

 

そして、最後が「見放され作戦」です。親から見て、「お手上げだあ。」と感じるような行動や態度をしてきます。ここまで来ると、とても不幸です。

 

だから、「良い子ちゃん作戦」のうちに、子どもに期待を押し付けるのをやめることです。

 

子どもが期待通りだった時に褒め、もうチョイの時に励まして、ダメだったときに叱ってという対応(これをしつけと呼びます。)をしていると、子どもを親の価値観でぐるぐる引きずり回していることになります。

 

さあ?親の価値観に引きずり回された子供は自立しやすいでしょうか?自立しにくいでしょうか?

 

理性的に考えたら、よく分かりますね。自立がとても困難になります。

 

子どもをしつけようという エラそうな感覚を捨てましょう。

 

自立とは、自分で考えて、自分で決めて、自分で行動していくことです。これがしにくいとということは、まともな生活が暮らしていけないと言うことですよね。

 

自立を助けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずは、子どもの現状をありのままに認めて(これを勇気づけと呼びます。)、いろんな行動を口出しすることなく、見守り、いろんなことに対してチャレンジして、失敗したり、成功したりするときに、勇気づけてあげることです。

 

勇気づけとはほめることではありません。かなり難しいので、ちゃんと習いに来てね。

2019年01月31日

あなたの心の直し方(動画)

一番最初に作った熊本こころ相談室の動画です。

まだ見たことがない方だけどうぞ!

2019年01月29日

原因を考えると落ち込む(動画)


「なんでこんなことになっちゃったんだろう?」なんて、起こったことの原因を考えていると、落ち込みませんか?鬱々としてきませんか?

 

原因を考えると、落ち込んできて、未来に向かって建設的に「よし、次がんばろう!」という意欲が出にくくなります。

 

会社などでも、部下が失敗したときに「なんでこんな失敗したんだ。」と原因を追究するような叱責をすると、部下のやる気を失わせます。

 

それよりも、「そうか、失敗したか。この失敗から何が学べる?次に失敗しないためにはどうしたらいい?」と失敗から学べることを問うたり、次回に失敗しないためにどうしたらいいかを問うと、失敗を回復しようとか、次回に向けての意欲が上がります。

 

それに気分の問題だけではありません。

 

原因は過去にあります。過去の原因を考えることは、何の解決にも寄与しないのです。それよりも、失敗を学びだと捉えて、学べることを確認したり、次回どうしたら改善できるかを考えた方が、ずっと役に立つのです。

 

過去は変えられません。過去は過ぎ去ったものです。過去のことをいくら考えてもそれはエネルギーの浪費です。

 

過去のことを後悔して、あるいは「あのと時、こうしていたらどうなっていただろう?」「もしもこうだったら、どうだっただろう?」と考えても、何の役にも立ちません。エネルギーの無駄どころか、マイナス方向へエネルギーを流し込むのですから、自分で自分を不幸に追いやっていることになります。

 

原因を考えない「反省なしの改善」、これだけが事態を好転させていく鍵です。

 

原因を考えることは、責任転嫁にもなります。

 

例えば、私が神経症になったのは、母親が過干渉過ぎたためだ。と原因を考えたとします。じゃあ、私の神経症の責任は母親にある。ということになります。

 

神経症を克服できるのは、本人だけなのに、母親のせいにしてしまっては、どうしようもなくなります。

 

例えば、私は幼少期にひどい暴力や暴言の虐待を受けました。もちろん影響はあったでしょう。でも、その影響を受けて「私」を作り上げたのは、「私自身」です。

 

このように過去の原因らしきものは、一つのファクター「影響」にすぎず、主体性を持って決めてきたのは「私」なんだ。だから、自分の人生プログラムを改善していくのも私なんだと考えたほうが、力が湧いてきますし、意欲も出てきます。

 

私たち人間は、原因などに翻弄されるようなよわっちい存在ではなくて、自分のこと全てを自分でコントロールしている最強の存在なのです。

 

そのことを自覚することで、原因なんか気にならない、考えない自分になって行けるのです。

 

これを自己責任と呼びます。

※「責任」という言葉は、リスポンスビリティーという英語の翻訳語です。だから、責任と言う言葉の本来の意味に 責める という意味はまったくありません。どちらかというと「レスポンス」つまり反応し続ける。という意味です。

そう、自分も他人も責める必要はまったくないのです。

責めないで、あきらめないで反応し続けさえすればいいのです。出来ることだけをしていけばいいだけです。楽ですよね。

 

周辺地図
熊本こころ相談室 〒862-0950 熊本市水前寺6丁目10番44号水前寺ビル303号 電話 096-384-3181