アドラー心理学 スカイプカウンセリング 電話相談 心理カウンセリング 悩み相談 カウンセラー養成 は熊本こころ相談室へ

 

 
 
 
 
 

本郷の一言

2018年01月23日

うつ(鬱) どのような症状?

うつは、一般的に「うつ病」と言ったりします(実際に医療機関ではそう診断します)が、実際は病気ではありません。だからうつに効く薬はありませんし、薬を飲むことでより悪化する人さえいます。

 

うつは、ストレス過多による「ストレス反応」です。

 

ストレスにさらされ過ぎたせいで、こころと体のエネルギーバランスが非常に乱れて、エネルギーが正常にまわらなくなって弱っている状態です。

 

うつ状態になると、どのような症状が出るでしょうか?次にあげるような症状が代表的です。

 

うつの症状

1、睡眠:寝つきが悪くなる。早朝覚醒と言って2,3時間寝ただけで目が覚めて眠れない。疲れているのに眠れない。逆に過度に眠りすぎる場合もある。

 

2、興味関心:何に対しても興味が持てない。何事も楽しめない。新聞や週刊誌や本が読めない。テレビを見ることもできない。

 

3、力、気力:何をするにも力が出ない。気力がわかない。疲れた感じがする。

 

4、気分:気分が落ち込む。憂うつな気分。絶望的な感じがする。

 

5、性欲:性欲が極端に低下する。逆に抑えられないで苦労する場合もある。

 

6、食欲:食欲がない。食べても砂のようで味がしない。逆に食べ過ぎる場合もある。

 

7、自己肯定感の低下:自分はダメな人間だと思う。家族などに対して申し訳ないという罪悪感にさいなまれる。

 

8、希死念慮:いっそのこと死にたいと思う。または、自分を傷つけたくなる。または、逆に、無性に他者を傷つけたくなる。

 

9、動作遅延:他の人から見て、明らかに動作や話し方が遅くなる。また反対に、そわそわして落ち着きなく動き回る場合もある。

 

人は一人一人違うので、うつの症状も一人一人違います。

 

しかし、上にあげた9つの症状のうち4つ以上とかいくつかが当てはまり、そのことによって生活に困難さが出てきている場合は、カウンセラーに相談した方がいいでしょう。

 

熊本こころ相談室では、心理相談の他にセラピー(TFHキネシオロジー、アクセスバーズ、腸心セラピーなど)でこころと体のエネルギーバランスを取ります。

 

中には、エネルギーバランスを取っただけで、なぜか疲れて日中ゴロゴロと寝たきりだった人が元気になったり、記憶喪失だった人の記憶が戻ったり、気分が元に戻ったりする人もいます。

 

もちろん、じっくりと心理カウンセリングで自分の潜在意識のプログラムを書き換えて強靭な精神を取り戻した方もいます。
全国どこからでも、電話カウンセリングが受けられます。熊本こころ相談室 予約:お問い合わせ:096-384-3181 info@cocorosodan.jp 熊本の方は対面カウンセリング・セラピーを。

熊本こころ相談室の電話相談・心理カウンセリングをウェブ予約する

 

 

周辺地図
熊本こころ相談室 〒862-0950 熊本市水前寺6丁目10番44号水前寺ビル303号 電話 096-384-3181